東京のご葬儀・ご法要は、創業48年都内年間1500件の実績/メモリード東京

人生の栄えある卒業式をメモリードで

MEMOLEAD TOKYO メモリード東京

お急ぎの方へ(24時間受付/年中無休)TEL:0120-1365-24

葬儀の流れ

忌明け後から一周忌まで(仏式)

お盆

忌明け後、最初に迎えるお盆を新盆、あるいは初盆といいます。
亡くなった方の霊が初めて戻ってくるということから特に重要とされています。
お盆の日程ややり方はさまざまで、東京などの都市部では7月13日~16日の4日間、地方では8月13日~16日というところが多いようです。仏壇の前に精霊棚を設け、故人の好物などを供えます。
また故人の霊が迷 わないようにということから提灯を飾ります。身内や親しい人たちでお墓参りをし、墓前にも花や線香、故人の好物などを供えます。お寺様は自宅に招くのが一般的ですが、お墓参りに同行してもらう場合もあります。

なお、忌明け法要より前にお盆を迎えた場合は、その年の新盆の行事は行いま せん。
また、浄土真宗では一般的にはお盆の行事はしないようです。

お彼岸

お彼岸は春と秋、年に2回あります。
昼と夜の長さが等しく、ご先祖様がいるといわれる真西に太陽が沈む春分の日(3月21日)、秋分の日(9月23日)を中日に、その前後3日間、計7日間がお彼岸の期間です。
この時期には先祖を敬い、お墓参りをするなど亡き人を偲ぶお彼岸の行事が始まったとされています。


年忌法要

故人の亡くなった日を命日といいます。年に一度くる、亡くなった日と同じ日を祥月命日といいます。
忌明けまでの法要の他、百ヶ日、一周忌が大切な法要といわれます。一周忌以降は、祥月命日に年忌法要を営みます。
亡くなって2年後の年忌法要からは、亡くなった年を含めて数え、三回忌、七回忌、十三回忌、 十七回忌と営み、三十三回忌で弔い上げとなります。

  • 終活相談
  • メモリード東京 求人情報
  • 葬儀費用の目安が知りたい!
  • エンディングノート 人生の最後の選択を自分自身でするために
  • イベント情報[東京版] 詳しいイベント情報はこちらから
  • イベント情報
  • メディアトピックス
Pick up
  • メモリード東京の海洋葬
  • 供花のご案内
  • 供花のご注文表
  • 仏壇ギャラリー
  • セレモニーサポートセンターとは?
  • メモリードグループ

ページの先頭へ戻る