東京のご葬儀・ご法要は、創業48年都内年間1500件の実績/メモリード東京

人生の栄えある卒業式をメモリードで

MEMOLEAD TOKYO メモリード東京

お急ぎの方へ(24時間受付/年中無休)TEL:0120-1365-24

葬儀の流れ

通夜

通夜・葬儀の打ち合わせ

まずは通夜・葬儀を行う当主である喪主を決定します。
一般的には結婚しているのであれば配偶者、独身であれば父親か母親、これら以外であれば子供や兄弟が喪主となります。
次に、故人の宗教・宗派に従って葬儀の形式を決定します。このとき、菩提寺等へ連絡を忘れないようにしましょう。
その後、葬儀式場、葬儀の規模、日時、費用等を決定していきます。
死亡当日か翌日に通夜を、翌々日に葬儀・告別式・火葬を行うのが一般的です。

通夜・葬儀の準備

葬儀式場葬の場合は祭壇等、式場内の飾りつけや、花輪等の式場外の飾りつけ、
さらに受付や焼香台の設営や遺影の準備等が必要となります。
自宅葬の場合は、家の片付けや整理をはじめ、周辺の掃除や近隣への挨拶、さらには駐車場の確保等が必要となります。
また、会葬者への会葬礼状や会葬御礼品、通夜ぶるまい等の手配も忘れないようにしましょう。

メモリードでは、ご遺影のための写真修正、引き伸ばし等も承ります。物品の手配や式場設営等も手際よくスピーディに対応します。

服装について

喪主や遺族は喪服を着用します。
化粧はなるべく薄くし、結婚指輪以外のアクセサリーは避けたほうがよいでしょう。

メモリードでは、貸衣裳(喪服・モーニング・略礼服など)をご希望に応じてご用意させていただきます。お気軽にご相談ください。

供物・供花の受付

供花や供物をいただいた場合は、係は送り主の名の記録をしておきましょう。
いただいた供物、供花を並べる際は、注意が必要です。
一般的には、親族は血縁の深い人から、知人・友人・勤務先などは関係の深い人から供花を並べます。

メモリードでは、葬儀を行う場所にかかわらず、香典帳や筆記用具などの通夜受付に必要なものはすべてご用意させていただきます。

通夜の流れ

通夜式は、仏式の場合、御導師の読経から始まり、遺族と弔問客の焼香、法話へと続きます。
読経は20~30分くらい。その後、御導師の指示で焼香になります。
順番は喪主、遺族、親戚、弔問者というように血縁の深い順に行います。
読経が終わってから、御導師が法話をなさることもありますので、静かに拝聴しましょう。
最近では告別式に会葬できない人が通夜に参列されるケースが増えているため、通夜でも席次は
正式な形をとったほうがよいでしょう。



御導師への挨拶

御導師には控室で御礼のご挨拶をし、通夜ぶるまいにご案内します。

通夜ぶるまい

通夜の焼香を終えた人を別室に用意した酒食の席に案内します。この宴席を「通夜ぶるまい」といいます。
料理としては、寿司やサンドイッチなどが多く出されています。精進落としと違い、豪華な料理を用意する必要はありません。
飲み物には日本酒やビール、ソフトドリンクなどを用意します。
席次については、御導師が出席する場合は一番上座に案内します。
以下、通夜式と同じ席次で座っていただきます。ただし、この宴席は喪家が弔問客をもてなすものですので、遺族、親族は下座に座りましょう。

メモリードでは、通夜ぶるまいのお料理も手配いたします。通夜式後、そのまま斎場内でお召し上がりいただけます。
  • 終活相談
  • メモリード東京 求人情報
  • 葬儀費用の目安が知りたい!
  • エンディングノート 人生の最後の選択を自分自身でするために
  • イベント情報[東京版] 詳しいイベント情報はこちらから
  • イベント情報
  • メディアトピックス
Pick up
  • メモリード東京の海洋葬
  • 供花のご案内
  • 供花のご注文表
  • 仏壇ギャラリー
  • セレモニーサポートセンターとは?
  • メモリードグループ

ページの先頭へ戻る